アクア10万キロ買取相場

MENU

アクア10万キロ買取相場

トヨタアクア10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜40万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのアクアでも高く買取してもらうには?

 

トヨタのハイブリッドモデルはハイブリッド専売モデルとしては比較的安く買うことができるモデルです。
それもそのはず、そもそもこの車は当時、ハイブリッドモデルとして発売されていた3代目プリウスが車格の割にあまりにも高すぎることから一般の方が買えないという声に対して作り出した車、要するにプリウスの廉価モデル、プアマンズプリウスといえるモデルなのです。
こういった理由で作られた車である以上、買いやすい価格に設定されていなければおかしい話です。

 

トヨタのこういった販売戦略によって確かにプリウスと同じようにアクアもたくさん売れました。
それは現在も続いているわけですが、ここ最近はその人気にも陰りが出てきたようで、わけのわからないクロスオーバーSUV風のドレスアップモデルを作るようになってきたわけですが、こうなることはかなり前から分かっていたことでむしろ遅いぐらいです。
その理由は何もモデル末期であることではなく、アクア自体の存在価値がないからです。
アクアはプリウス同様にハイブリッドモデルのパイロットモデルとして作られている車、トヨタが「トヨタにハイブリッドカーがあるぞ」と周知させるために作った車です。
そういった努力のおかげかハイブリッドモデルは普及し、パイロットモデルでなくても他のモデルにも作られるようになり、普通の売られるようになってきたことからパイロットモデルの必要性がなくなってきたわけです。
必要ないものは消えていく運命ですが、それが今でも残っているのはまだ売れているからで少しでの販売台数を伸ばしたいトヨタは売り続けているわけです。

 

これによって車の価値もどんどん落ちてきています。
そもそもアクアは廉価モデルでかなりコストを削減して作ったモデルですのでハイブリッドシステム以外の部分は軽自動車並みのものしか与えられていません。
そしてトヨタのハイブリッドモデル全体に言えることですがハイブリッドモデルの故障が非常に多いのも価値を落とす理由でしょう。

 

これはあまり表だって知られていることではないのですが、トヨタのディーラーに人間に聞くとハイブリッドモデルの故障でバッテリーの交換、システムそのものの交換という事例が結構あるようなのです。
保証で直してしまうため、保証期間内であればオーナーに負担がかからないのでいいのですが、保障が切れている場合は相当な修理費用になるそうです。

 

10万キロ走行というと保証対象外です。
要するにバッテリーに充電ができなくなったら20万円以上のお金を自腹で払って直さなければならないということです。
これを恐れるために、このアクアだけでなく過走行気味のトヨタのハイブリッドモデルは避けられる傾向にあります。

 

新車がバカ売れしていて、それが大量に中古車市場に入ってくる中で中古車需要がないということは買取金額が低くなることを意味します。
数万キロならまだいい金額になりますが、10万キロ走行となると3年落ちで40万円ぐらい5年落ちで15万円ぐらいとかなり安いというか本来の車格にあった金額となります。

 

この金額をさらに高めるにはトヨタの買取店T-UPで売るといったようにトヨタの息のかかったところに出すしかないでしょう。