エスクァイア ハイブリッド10万キロ買取相場

MENU

エスクァイア ハイブリッド10万キロ買取相場

トヨタエスクァイア ハイブリッド10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜120万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのエスクァイア ハイブリッドでも高く買取してもらうには?

 

トヨタの中型ミニバンとして大人気のノア・ヴォクシー兄弟に後から付け加えるように追加されたモデルがエスクァイアです。
このモデルは大型ミニバンのアルファードやヴェルファイアにあこがれているが、経済的にそれらのモデルを変えない方のために作られたもので、いわゆる「プアマンズ・アルファード」として売られているものです。

 

車体自体はノアやヴォクシーと全く同じもので、ガソリンエンジンモデルと3代目プリウスに使われていたハイブリッドシステムとエンジンをそっくり移植した形で作られたハイブリッドモデルもありました。
ノアとヴォクシーの違いと同じように、簡単に付け替えが出きる部分のみを専用部品とし、アルファードやヴェルファイアに負けないような高級感を醸し出した形で作られています。

 

新車市場では発売当時はそこそこ売れていたのですが、中型ミニバンであることは絶対に避けられないことであって、どんなに豪華で高級感のある部品をつけても結局はアルファードやヴェルファイアに適うわけがないということが理解されたこと、そして「プアマンズ・アルファード」ということが広く知られ、逆に「経済力がない割には高望みをしている」と思われることが多いことからも同じトヨタの中型ミニバンでもエスクァイアではなく、ノアやヴォクシーを購入する方が多くなり、エスクァイアの需要はあまり高いものではなくなってしまいました。

 

この傾向は中古車市場でも同じようなものがあるのですが、中古車市場では新車市場とちょっと違う形をとっています。
アルファードやヴェルファイアに車格的にかなわないというのは同じですが、プアマンズ・アルファードとして見られることに抵抗がないようです。
そもそも中古車を買うぐらいですから、最初から経済力がないのはわかりきっているわけですので、プアマンズ・アルファードとして見られ、経済的に恥ずかしい思いをしても何ら問題ないようなのです。
要するに中古車ですと開き直れるということらしいです。

 

そのため、中古車市場では新車以上に需要が高まっており、新車で売れなくなった今では中古車需要が特に高まっています。
ただ、需要の中心はガソリンエンジンモデルの方で、故障の危険性が高いハイブリッドモデルは避けられがちです。
買取店での買取金額もハイブリッドモデルよりガソリンエンジンモデルの方が高くなりますが、エスクァイア自体の需要が高いためそれでもノアやヴォクシーのガソリンエンジンモデルぐらいの価値があります。

 

このモデルはノア・ヴォクシー兄弟車に遅れて発売されており、一番古いモデルでも2014年式となりますので、走行距離が10万キロを超えるものがまだまだ少ないというのが現状です。
ただ、わずかに10万キロオーバーとなるものが出始めてきているのでそれらの買取金額を見てみるとだいたい120万円ぐらいとなっています。
これがガソリンエンジンモデルでしたら150万円ぐらいにはなるかと思われます。