カローラアクシオ10万キロ買取相場

MENU

カローラアクシオ10万キロ買取相場

トヨタカローラアクシオ10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜70万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのカローラアクシオでも高く買取してもらうには?

 

カローラというと高齢者が乗る大衆車というイメージが強いのですが確かにそれまでの実際に運転しているドライバーを見るとそういった方たちが多かったようです。
トヨタはこの現状をよしとせず、オーナーの低年齢化を図ろうとしたわけです。
まあ、ここまでいろいろ失敗してきましたが、現状ではそれなりに成功しており、カローラシリーズがファミリーの年齢層まで下がってきました。

 

ミニバンまで必要ないといった少人数家族やミニバンが嫌いといった方に乗られるようになりましたが、残念ながらそういった方たちに乗られているのは同じカローラシリーズでもステーションワゴンモデルのカローラフィールダーだけなのです。
セダンモデルのカローラアクシオは、カローラフィールダーを全く同じ構造を持っているのに、若年層はおろかファミリー層にまで好まれることがなく、昔のように高齢ドライバーやあるいは営業用の車としてしか買われていません。

 

同じモデルでボディ違いだけなのにこれだけ需要傾向が違うのは珍しいことです。
セダンのカローラアクシオは高齢者ドライバー向け、ステーションワゴンのカローラフィールダーはファミリー向け、こういったキャラクターが浸透しています。

 

高齢者はここのところ、劇的に人数を増やしていますが、だからといってカローラアクシオの需要が上がるわけではなく、運転をしなくなる人、使い勝手のいいハッチバックモデルを購入する人などいろいろいますので、人口分布と比例して台数が多くなるわけではなくむしろ減っています。

 

中古車市場で動きも同じように需要は低いのですが、売れないといっても天下のカローラですから新車はそこそこの台数が売れ、それが中古車市場に入ってきますので、バランス的には供給量が多くなっていますので、中古車としての価値は低めといえます。

 

これが10万キロ走行モデルということになると当然ながら更に価値が落ちるわけですが、特に値落ちが激しいのはハイブリッドモデルです。
皆さんもご存知かと思いますがトヨタのハイブリッドシステムは故障が多いことで有名です。
それでも保証期間内であれば無償で修理が可能ですが10万キロ走行で保証が切れてしまいますので、そうなると何十万円という修理費用を払わなければならず、それを避けるために10万キロを超えたトヨタのハイブリッドモデルを買わない傾向が生まれてきて、それによって需要が極端に少なくなってしまいます。
これがハイブリッドモデルの価値の急落の原因です。

 

実際の10万キロ走行の買取金額を見ても1.3リッターガソリンエンジンモデルが3年落ちで55万円ぐらい5年落ちで45万円ぐらい、1.5リッターガソリンエンジンモデルが3年落ちで70万円ぐらい5年落ちで55万円ぐらい、そしてハイブリッドモデルの初期型2013年式モデルでは60万円ぐらいにしかなりません。
車格に対して高い価格が付けられているハイブリッドモデルが10万キロ走行となると1.5リッターガソリンエンジンモデルよりも価値が低くなっています。

 

これらの金額をさらに高めるためにはトヨタ系の買取店であるT-UPで売るか、売るのはなくトヨタのディーラーで下取りに出して新車を買うのがいいでしょう。