ピクシスエポック10万キロ買取相場

MENU

ピクシスエポック10万キロ買取相場

トヨタピクシスエポック10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜30万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのピクシスエポックでも高く買取してもらうには?

 

トヨタには軽自動車を作る技術も生産ラインを持っていないにも関わらず、数種類の軽自動車が発売されています。
これはどういうことなのかというと他社で作った車を自分のところで自社モデルとして販売する方法、OEM供給者として売っているわけです。
トヨタはもともと軽自動車など売る気はありませんでした。
しかしここまで軽自動車がもてはやされてしまうと販売台数を稼ぎたいトヨタとしてはそれ他社が作った車でも仕方なく売るしかないのです。
ただ、トヨタグループにはダイハツという小型モデル、軽自動車専門の自動車メーカーがありますのでそこから書類上OEM契約を結んで供給してもらうという形を取りますので、実際には他社からということではなく、同グループ内、自分の息がかかった自動車メーカーからのOEMということで、他の自動車メーカーが取るOEM供給とはちょっと性質が違いうものとなります。

 

そのダイハツからOEM供給されていて、それを販売しているのがトヨタのピクシスシリーズでその基本モデルとなるのがビクシスエポックです。
ピクシスエポックはダイハツではミライースとして販売されています。
ミライースはミラをベースにして低燃費技術、イーステクノロジーのパイロットモデルとして発売されたものですが、今ではベースモデルのミラを差し置いてダイハツの軽自動車のベーシックモデルとして発売されるようになりました。

 

トヨタでもミラのOEM供給は受けておらず、ミライースのOEM供給しか行っておらず、トヨタにおいても軽自動車のベーシックモデルはこのピクシスエポックということになっています。
ただ、この車はトヨタの車にしてはあまり売れていません。
なぜなら、この車が欲しいのであれば誰もわざわざトヨタのディーラーで買わなくてもダイハツのディーラーに行くことでしょう。
そして更にトヨタの販売戦略の一つとしてある「軽自動車は呼び水」という作戦、これは人気の軽自動車を売っていますから買いに来てくださいといってディーラーに足を運ばせたら、その客に軽自動車ではなく、ヴィッツやアクア、パッソ、タンクシリーズなどといったコンパクトカーをすすめて自社モデルの売り上げにつなげようというものです。

 

要するにトヨタにはダイハツの軽自動車を売る気がこれっぽっちもないということになりますので、販売台数が延びないのも当たり前です。
当然ですが中古車市場でもあまり売れていませんので価値はかなり低くなります。
低いといっての天下の軽自動車ですから潜在的な価値があるので買取店での買取金額が極端に低いということにはなっていませんがさすがに軽自動車で10万キロともなるとガクッと値が落ちてしまいます。

 

3年落ちでだいたい30万円ぐらい、発売年モデルの2012年式でだいたい50000円ぐらいといったところでしょうか。
この車はこれといって高く売る方法はありません。
しいていえば一般的な買取店をたくさん回って高い査定額を出してくれるところを探すぐらいでしょうか。