プリウスPHV10万キロ買取相場

MENU

プリウスPHV10万キロ買取相場

トヨタプリウスPHV10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜70万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのプリウスPHVでも高く買取してもらうには?

 

3代目プリウスの時代から作られているプラグインハイブリッドモデルのプリウスPHV、発売当時から話題になっていましたが車両価格が高いこと、自宅ガレージがないとメリットがあまりないということから実際に買われる台数はかなり少なくなっています。

 

そもそもこの車はEVを作れないトヨタが妥協策として作ったハイブリッドモデルをグレードアップした形で作られたものですからここまでの車を作るのに相当開発費をつぎ込んでいますので、それを回収するために価格に上乗せしなければなりませんので、どうしても価格は高くなってしまいます。

 

それから充電できることがプラグインハイブリッドモデルの最大のメリットである中で、自宅ガレージがなく月極駐車場を借りている場合は、充電スポットなどでしか有効活用できないので、それならむしろプラグインハイブリッドモデルではなく、ハイブリッドモデルのプリウスで十分だということになってしまうわけです。

 

新車市場でに需要傾向はこういった感じですが、中古車市場での需要、特に10万キロというか走行気味のものとなると更に重大な理由から中古車需要を妨げることになります。

 

その理由というがプラグインハイブリッドシステムの信頼性、プリウスPHVに搭載されているプラグインハイブリッドシステムはハイブリッドモデルであるプリウスなどに搭載されているTHS-IIをベースに改良を加え、外部からの充電機能とバッテリーの大容量化によって作られているものです。
ところがベースとなるTHS-IIが、これがまた故障が多く、頻繁に修理に元こまれているようなのです。
トヨタのディーラーに勤めているメカニックが言うには、すぐにエンジンがかかる、充電がされないといった形で持ち込まれることが多いらしいのですが、そのほとんどがハイブリッドシステム自体のバグというかもともと構造から出た不具合であることが多いようなのです。
だいたいこういう時は内部を修理という形ではなく、おかしい部分をそっくり交換することになるのですが、不具合の出た場所によってはトヨタへ移送してディーラーではなくトヨタで部品の交換と共に故障の原因などを調査するようです。

 

プラグインハイブリッドシステムより構造が単純なハイブリッドシステムでこの有様ですからもっと複雑なつくりがされているプラグインハイブリッドシステムではもっとリスクが高いわけで、それは走行距離が延びることで倍増していきます。
それから経済的にもリスク高まります。
それは10万キロで保証が切れて、そこからはすべて自腹修理となるからです。
ハイブリッドシステム関連の修理は安くても20万円以上の修理費用が掛かるようですが、プラグインハイブリッドシステムならもっと掛かることも考えられるわけで、故障のたびに大金が出ていくのはちょっと困りものです。
せっかく安く中古車を買ったのにこれでは意味がありません。

 

こういったことから10万キロのプリウスPHVは価値がガタ落ちで買取金額に関しても3年落ちで70万円ぐらい5年落ちで50万円ぐらいといった感じになります。
このモデルをさらに高く売りたいのであれば、トヨタの庇護のもとにあるT-UPで売るといいでしょう。