SAI10万キロ買取相場

MENU

SAI10万キロ買取相場

トヨタSAI10万キロ買取相場

 

 

10万キロ買取相場0万円〜50万円
(売却相場は変動が激しいですのでこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

10万キロのSAIでも高く買取してもらうには?

 

トヨタが現在販売しているモデルの中で、SAIほど街中で見欠ける機会が少ない車はないでしょう。
トヨタといえば一時は世界で一番販売台数が多い自動車メーカーといわれていたところですので、出すモデルすべてが大ヒットしていると思ってしまいがちですが、中にはこのSAIのような不人気車もあるのです。

 

SAIはプリウスの一つ上のクラスとなるハイブリッド専用モデルで、ハッチバックセダンのプリウスに対してノッチバックセダンのSAI、1.8リッターのプリウスに対して2.4リッターのSAIと明確にキャラクターを分けて販売されているのですが、2.4リッター前後のエンジンを搭載するハイブリッドモデルにはクラウンシリーズやカムリ、GSなどがあるため、あえてこのSAIを選ぶ人間が少ないのです。
それ以前にノッチバックセダンが売れない時期ですので、そもそもといった感じです。
加えて、古い時代のTHS-II搭載ということで多額の修理費用が掛かるハイブリッドシステムの頻発もあるためどうしても避けられてしまいます。

 

多額の修理費用がかかってしまうハイブリッドシステムの故障は中古車にとっては致命的です。
中古車で購入したとしても一定の手続きを踏みさえすれば新車保証の継続が可能ですが、中古車を買った人はほとんどが新車保証の継続をしておらず、故障をした時点ですべて自腹でお金を払って修理をしなければなりません。
要するに中古でSAIを買ったらもれなく多額の修理費用が掛かる故障がついてくるということです。

 

ハイブリッドシステムの修理費用といっても10000円や50000えんですむものではありません。
バッテリー交換で少なくとも20万円、インバーターまで行ってしまうと40万円ぐらい、ハイブリッドシステムすべて交換ということになってしまうと軽く100万円を超える修理費用となります。

 

仮に100万円でSAIの中古車を買って100万円以上の修理費用を払う気が起きますか?
中古車選びをしている方はバカではありませんのでこういった事実を知っている方はトヨタのハイブリッドカーは絶対に買いません。
それすなわち、トヨタのハイブリッドモデルの中古車需要の低下、SAIの中古車需要の低下を表しているのですが、トヨタの介入によって無理やり高い金額で取引されることになりますので、目を見張るほどの価値の低下を引き起こしてはいません。

 

では10万キロという過走行状態になったらどうなるかということですが、10万キロになる可能性がある3年落ちから見ていきますと3年落ちで50万円ぐらい5年落ちで10万円ぐらいとなります。
さすがに不人気車、トヨタのハイブリッドモデル、過走行という不利な要素がそろうと高い金額にはならないようです。

 

このモデルも不人気車ですが一応トヨタの車ですので、高額を狙うのであればトヨタのレクサス店以外のディーラーでの下取りかトヨタの買取店、T-UPで売却するといいでしょう。