アリオン 10万キロ 買取相場

MENU

アリオン10万キロ買取相場

 

トヨタ アリオン10万キロ買取相場

 

 

平均相場(2001年〜2015年)0万円〜150万円

 

買取相場事例
平成15年式⇒0万円〜5万円 平成18年式⇒8万円〜14万円
平成21年式⇒45万円〜55万円 平成24年式⇒80万円〜90万円

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

 

10万キロのアリオンの買取相場現状って?

 

トヨタの大型大衆車のアリオンは国内ではあまり人気がなく、販売台数的にも大衆車の代表であるカローラの様な爆発的な売り上げ台数を持つ車ではありません。
しかし、面白いことに中古車市場での価値は高く、中古車販売でもなかなかいい金額で売られている車なのです。
特別人気がある車ではないのにどうしてこれだけの価値を持つのでしょうか。
それは台数がないからです。

 

新車市場で爆発的な大ヒットになったわけではありませんがトヨタの大衆車ということでそれなりには売れており、少なくとも中古車市場にたくさん出回ってもおかしくないのですが、特に50000キロ以上走ったもの、10万キロ走ったものなどほとんど見ることができません。
それなりに売れていた車がどうして今ないのか?・・・それは海外へほとんどものものが流れてしまっているからです。
アリオンは海外でかなり人気となっている車で、特に1.5リッターエンジンモデルは大人気です。

 

それによって中古車市場に入ってくるとすぐに海外のバイヤーが国内の中古車販売価格よりも高い金額で買い取っていくので、国内に流れてこなくなってしまったのです。
逆にそれによって国内のアリオン全体の価値が高まり、現在の価値を作ったのです。
買取相場を見ても10万キロ前後のもので、2002年式のものが30万円前後、2007年式A18グレードで40万円と年式や走行距離、人気から見てもかなりいい金額になっています。
中古車市場を見ると1.5リッターモデルはかなり少なく、ほとんどのものが1.8リッターモデルであることも面白い傾向です。