アルファード 10万キロ 買取相場

MENU

アルファード10万キロ買取相場

 

トヨタ アルファード10万キロ買取相場

 

 

平均相場(2008年〜2014年)55万円〜420万円

 

買取相場事例
平成20年式⇒55万円〜80万円 平成22年式⇒100万円〜125万円
平成23年式⇒120万円〜150万円 平成25年式⇒200万円〜225万円

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

 

10万キロのアルファードの買取相場現状って?

 

アルファードは大型ミニバン、いわゆる家族のための車であるファミリーカーですが、ファミリーカーの中でも一番上のクラスにある車ですので装備などもよく、新車販売価格もかなり高額なものとなっています。
しかし、いくら豪華な快適装備がついているといっても結局はファミリーカーであって、使用目的は格下のノアなどと全く変わりません。

 

平日はお父さんの通勤専用車となり、休日はゆっくり家で休みたいところ家族に言われていやいや長距離運転を強いられることになってしまうです。
そうなると車は傷むし、オドメーターの走行距離は伸びるしと中古車市場で車の価値を決めることに対しては大きなマイナスとなることが日常的に行われているといっていいでしょう。
ですので、中古車市場を見ても走行距離や年式が若いモデルは比較的高い価値を持つことができますが、年式も走行距離もそれなりに進んでしまうと一気に価値が落ちてしまうようです。
特にファミリーカー特有のインテリアの傷みは大減点となることが多く、普段から子供たちのしつけが高額買取につながるのかもしれません。

 

では、この車が10万キロを超えるとどういった傾向になるのかというと、まずはモデル的には初代モデルがほとんどなり、年式的には2002年式から2004年式あたりが圧倒的に多くなっています。
2代目以降のモデルが10万キロを超えるということはほとんどありませんが、一般的なセダンなどよりはやはり走行距離が進むのが早く、比較的新しいモデルでも10万キロを超えることも多いようです
買取額的にはどのモデル、グレードにおいても80万円以下で、2005年式MSグレードで72万円、2004年式AXグレードで50万程度となっています。
あとはボディの傷みやインテリアの傷みなどが価格に大きく影響してくるようです。