ハリアー 10万キロ 買取相場

MENU

ハリアー10万キロ買取相場

 

トヨタ ハリアー10万キロ買取相場

 

 

平均相場(2004年〜2015年)10万円〜200万円

 

買取相場事例
平成19年式⇒15万円〜37万円 平成21年式⇒70万円〜85万円
平成23年式⇒120万円〜145万円 平成25年式⇒150万円〜165万円
(基本的に例外を除いて売却相場は変動が激しいので、この相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

 

10万キロのハリアーの買取相場現状って?

 

トヨタの大型クロスオーバーSUVのハリアーにおいて、現在の中古車市場で10万キロを超えるようなもののほとんどが2代目愛でる以前のものとなっており、中には1990年代に作られたモデルも存在します。
しかし、それでも驚くことに買取金額が結構いいものが多く、特に2代目モデルのものは二桁の金額で買い取られています。

 

これも中古車市場でのハリアー人気が高まっているからなのですが、やはり大きなエンジンを搭載するモデルよりも自動車税の安い2.4リッターエンジンモデルの方が需要が高くなっています。
買取金額相場を見ると2001年式15万キロ走行のGグレードで10万円、2003年式11万キロの240G Lパッケージで50万円、2006年式10万キロ走行の350G プレミアムLパッケージの4WDモデルで80万円と先代モデルであれば今でも次の車を購入するため資金として十分使えることになります。

 

こういった高い買取金額を生み出しているのは何もたんに人気があるからだけではなく、現行モデルの車格が下がってしまったことからあえて先代モデルを購入する方が増えているということもあるようです。
ハリアーは初代モデルから2代目モデルまでは大型クロスオーバーSUVとして販売されていました。しかし、レクサス店と共通のモデルを作る上でレクサス店では中型クロスオーバーSUVが必要で、それに合わせて該当車種であるハリアーが大型から中型へと車格がダウンしてしまったのです。
同じ車で車格が変わるとこういった現象が起こるものらしいです。