イプサム 10万キロ 買取相場

MENU

イプサム10万キロ買取相場

 

トヨタ イプサム10万キロ買取相場

 

 

平均相場(1996年〜2009年)0万円〜15万円

 

買取相場事例
平成13年式⇒0万円〜1万円 平成16年式⇒0万円〜1万円
平成18年式⇒1万円〜10万円 平成21年式⇒1万円〜15万円
(基本的に例外を除いて売却相場は変動が激しいので、この相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

 

10万キロのイプサムの買取相場現状って?

 

トヨタの中型低ルーフミニバンといえば現在はウィッシュがそのクラスを担当していますが、その前に発売されていたのがイプサムという車でした。
この車もそこそこ売れていた車で、特にキャラクター戦略がうまくいったことによって子供のいるファミリーには大人気となっていました。

 

しかし、生産終了から5年以上が経ち、そろそろ古さを感じるようになってきたことによって、中古車市場での価値が低い水準となっており、更に走行距離が進んだものが多くなってきたことから高い金額で買い取られることはほとんどなくなりました。
特に10万キロを超えるようなモデルはほとんど値がつかない状態となっており、買う側からすればいいのですが売る側から見るとかなり厳しい状態となっているようです。
相場としては初代モデルの1998年式で3万円、1999年式で1万円とほぼ値段がつかない状態、ともすれば廃車を進められるような状態といっていいでしょう。

 

2代目モデルでもあまり違いはなく、2002年式のもので9万円、2005年式の240iグレードで16万円とこちらも10万円台いけばいい方で、高額買取どころか買い取ってくれるかどうかが心配になるような金額となっています。
10年乗っても10万キロ乗っても日本の車は普通に乗ることができるぐらい耐久性がありますが、そういった車を買おうという人が少ないことからもイプサムの需要が少なく、それがこの低レベルの買取金額に繋がっているようです。