パッソ 10万キロ 買取相場

MENU

パッソ10万キロ買取相場

 

トヨタ パッソ10万キロ買取相場

 

 

平均相場(2004年〜2015年)0万円〜60万円

 

買取相場事例
平成20年式⇒3万円〜8万円 平成22年式⇒25万円〜32万円
平成24年式⇒40万円〜45万円 平成26年式⇒55万円〜65万円
(基本的に例外を除いて売却相場は変動が激しいので、この相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

 

10万キロのパッソの買取相場現状って?

 

10万キロ越えのものが多い初代パッソは子会社であるダイハツとの共同開発によって生まれた小型モデルですが、そのほとんどをダイハツ製としているため、ほとんどダイハツに丸投げした形で作られたということがすぐにわかる車です。
そのため、それまでトヨタが作った小型モデルとはちょっと違った感じになってしまい、それによって違和感を得ることとなりすぐに手放す方も多いようで、中古車市場にはかなり多くの初代パッソがあるようです。

 

そういったものは走行距離が短く、比較的簡単に中古車として売れていくですが、それなりに乗り続けてから売却したものは、走行距離が伸びていることもありますが、「ダイハツの車」ということや、同じ車を買うのであればダイハツのブーンを買った方がいいということであまり売れ行きが良くありません。
10万キロオーバーのモデルともなるとそういった傾向は特に強く、中古車市場には距離の進んだパッソが余り気味になっているようです。
こうなってしまうと買取店も買い取ることに意欲を見せません。

 

実際の買取データを見ても、2004年式12万キロ走行のX Fパッケージで買取不能、2006年式11万キロのGグレードで10万円、2004年式Gグレードで30000円、2008年式と比較的新しいモデルでも50000円と年式の新旧に関わらず10万キロを超えてしまうとどう頑張っても10万円がいいところで、通常では50000円前後になればラッキーといったところでしょうか。