プリウス 10万キロ 買取相場

MENU

プリウス10万キロ買取相場

 

トヨタ プリウス10万キロ買取相場

 

 

平均相場(1997年〜2015年)0万円〜150万円

 

買取相場事例
平成20年式⇒25万円〜35万円 平成21年式⇒95万円〜111万円
平成23年式⇒120万円〜135万円 平成26年式⇒130万円〜140万円
(基本的に例外を除いて売却相場は変動が激しいので、この相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

 

10万キロのプリウスの買取相場現状って?

 

ハイブリッドモデルの代名詞と言えば、トヨタのプリウスです。
現在で3代モデルとなり、近々4代目モデルが発売されるそうですが、新車市場ではエコカー減税や過去にあったエコカー補助金などの影響でかなり売れており、プリウスオーナーもきっと買取金額が高くなるだろうと思っていると思います。
しかし、現実は違います、新車市場でこれだけ売れれば、数年後にその沢山のプリウスが中古車市場に溢れるということで、価値がかなり低いものとなるのです。
現在に中古車市場を見ても、プリウスの買取金額はかなり低くなっており、いわゆる値崩れを起こしているといった状態になっているのです。

 

ましてや10万キロを超えるような過走行車ではその傾向が更に強くなり、かなり厳しい状態になるかと思いきや過走行車となるとまた少し価値が高くなるようで、ちょっとつかみどころのないという印象が強い車になっています。
10万キロを超えるようなものは、2代目モデルより前のものが多く、稀に初代モデルというかなり珍しいものも含まれます。

 

相場的には10万キロどころか15万キロオーバーの2007年式で17万円、2010年式12万キロ走行のS LEDエディションで65万円、2004年式10万キロ走行のもので45万円と思ったほど低い数値にはなっていないようです。
ただ、絶対数が多いことや10万キロオーバーのものがほとんどとなっていることから価値の低下はかなり早く、ここでの数値も実際に売る時にはあてにならなくなっているかもしれません。