シエンタ 10万キロ 買取相場

MENU

シエンタ10万キロ買取相場

 

トヨタ シエンタ10万キロ買取相場

 

 

平均相場(2003年〜2014年)0万円〜60万円

 

買取相場事例
平成17年式⇒0万円〜1万円 平成19年式⇒1万円〜3万円
平成23年式⇒30万円〜40万円 平成25年式⇒50万円〜60万円
(売却相場は変動が激しいです、ですからこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

 

10万キロのシエンタの買取相場現状って?

 

ミニバンの中で一番小さなクラスとなる小型ミニバンクラス、このクラスを牛耳るのはホンダのフリードであって、このトヨタのシエンタはあまり人気がありません。
シエンタは2003年に発売されたモデルでかれこれ10年以上もモデルチェンジを行っておらず、設計的にかなり古いモデルとなっており、それが人気を低迷させる一つの要因となっています。
人気薄のためか一度生産をストップして、様子を見ていたらしいのですが、ビッグマイナーチェンジとして同じモデルを化粧直しした形で販売を再開したのも不人気に理由とも言われています。
全体的な売り上げとしてはかなり厳しいものがあり、中古車市場にもそれほど多くのものがあるわけではありません。

 

しかし、発売当初はそれなりに売れていたので、その時のモデル、いわゆる前期型が多く入り込んできていいるようです。
10万キロを超えるモデルとはその初期型モデルであることになり、年式的にもかなり古さを感じるようでリセールに至ってもあまり人気がなく、販売価格も低めになっていることからも過走行車のシエンタが高い金額で買い取られるということはないようです。

 

実際の買取相場を見ても2004年式の11万キロのものが3万円、2003年式の10万キロのものが4万円と10万円にも届かない金額で買い取られているようです。
70000キロあたりのXグレードでも何とか13万円となっているぐらいですので、10万キロオーバーでいい金額を期待すること自体が大きな間違いなのかもしれません。