ヴィッツ 10万キロ 買取相場

MENU

ヴィッツ10万キロ買取相場

 

トヨタ ヴィッツ10万キロ買取相場

 

 

平均相場(1999年〜2015年)0万円〜75万円

 

買取相場事例
平成15年式⇒0万円〜1万円 平成19年式⇒3万円〜8万円
平成22年式⇒35万円〜45万円 平成24年式⇒60万円〜65万円
(売却相場は変動が激しいです、ですからこの相場あくまで参考程度にお考えください。)

 

※10万キロの車でも売り方次第では十分値段がつく可能性があります。
ですが、下取りに出すなど普通に売却しただけでは高値は期待できないでしょう。

 

10万キロの車を少しでも高く売るには、一括査定をつかって「複数の買取店」から査定を受けて1番高い値段をつけてくれた業者に売却するのがベストな方法です。
なぜなら、買取店によって10万キロ車の評価が違いますし、流通販路も全く違うので業者によっては、10万キロ車でも思わぬ値段がつくことがあります。

10万キロ車買取

 

 

10万キロのヴィッツの買取相場現状って?

 

ヴィッツはトヨタのコンパクト大衆車です。
誰にも無難に乗れて、だいたいのことはこの車一台でこなすことができるという性質上、車の乗り方にも両極端な2つの方向性が存在するようです。

 

1つはコンパクトカーらしく、ある一時期必要な時にとことん乗って、ある程度乗ったら売ってしまうというものの、そしてもう一つは、それこそ車がつぶれるまで(最近の国産車は乗りつぶすこと自体が難しいが・・・)乗って、走行距離も10万キロ以上に達するまで乗り続け、その後故障が多くなり、あちこちに古さが目立つようになってきたから売却するというものです。

 

前車の場合は走行距離はそこそこ進んでいますが意外と状態も良く、中古車市場でもそれなりの金額で取引されるのですが、後者の場合はかなり走行距離が進んでしまっていることが多く、状態もあまり良くない、その結果ある意味、廃車と紙一重的な部分があって、中古車市場での価値もかなり低いものとなる傾向があります。
買取相場でも10万キロとは言わず、80000キロあたりからこういった傾向が出てきており、2005年式80000キロ走行のUグレードで21万円、10万キロ走行の2004年式で10万円、そして10万キロオーバーの2003年式Uグレードで50000円、2001年式もので10000円とほとんど値がつかない状況になっているようです。
10万キロオーバーともなると廃車を進められることもあるそうで、コンパクト大衆車の値落ちの激しさを物語っているように思えます。